虫歯子供予防

MENU

虫歯子供予防に悩んでいました。

虫歯子供予防って気になりますよね?
今、5歳になる息子がいるのですが乳歯が生えてからというもの歯磨きが嫌いみたいで、嫁がいつも悩んでいました。。

 

僕が代わりに仕上げ磨きなどをしてみても、「痛い」とか「お父さん下手くそ!」と言って、歯磨きさせてはくれませんし・・・。

 

しょうがないので、某キャラクターの歯磨きのアナウンス(音楽とセリフが流れる)を使って何とか歯磨きをさせていました。

 

 

ある日、嫁が息子を歯医者の定期検診に連れて行ったのですが、歯医者さんから、「もうちょっと歯磨きをちゃんとするようにしてください!」と怒られて帰ってきて凹んでいました。

 

歯磨きがきちんとできておらず、歯垢も残っていたそうです。
今は乳歯なので、最悪虫歯になっても、生え変わるので良いのですが、永久歯になってからも虫歯になると、将来的に困ると思うので虫歯予防の方法をいろいろ探してみました。

 

 

調べてみた虫歯子供予防の方法

 

 

虫歯予防の方法について調べてみました。
よくあるのはこんな感じです。

 

・歯磨きをきちんとする。
・甘いものを頻繁に食べない(再石灰化する時間を取る)
・デンタルフロスで歯の隙間の汚れを取る
・フッ素入りの歯磨きを使う
・歯医者さんで定期的に歯垢を取るなどのお手入れをしてもらう。

 

要するに歯磨きをしっかりすればよいわけですが、それができれば苦労しないわけで(´・ω・`)。

 

そもそも虫歯って何なのか調べてみたら、「虫歯とは酸によって歯が溶かされる病気」のことで、
ミュータンス菌という細菌が歯を溶かすそうです。

 

 

最大の予防としては、この虫歯菌をやっつけるか、食べ物のかすを残さないようにする!が虫歯予防のポイントみたいですね。
ただ、子供って歯磨きをなかなかさせてくれないのでそこが難しいところです。


虫歯のない子から見つかったBLIS M18の入ったブリアンという歯磨き粉

歯磨きをさせてくれない子でも何とか虫歯を予防できないかな?と思っていろいろ探していたら、「BLIS M18」という虫歯になりづらい子供たちの研究から見つかった善玉菌が配合されているブリアンという歯磨き粉を見つけました。

 

これです↓

 

そういえば、周りを見ても虫歯ができやすい人、できにくい人というのはいるので、
虫歯になりづらい菌を持っている人と、もっていない人がいるという話は納得できました。

 

ブリアンのマスコミへの紹介

 

虫歯予防歯磨き粉というのはかなり画期的なので色々メディアにも紹介されています。

 

日経産業新聞、@nifty、sankeiBiz、朝日新聞デジタル、徳島新聞web、biglobeなど多数。

 

 

ブリアンのこだわり

 

ブリアンは、虫歯予防の歯磨き粉と子供に優しいこだわりがあります。

 

  • BLIS M18(虫歯になりづらい子が持つ善玉菌)を配合
  • BLIS M18が歯垢も除去
  • 粉の歯磨き粉なのでうがいのできない小さい子も使える
  • 殺菌剤などを使っていない
  • 成分が優しい(殺菌剤、発泡剤、界面活性剤、保存料などなし)
  • 子供が大好きなイチゴ味

 

 

親目線としては、うがいをしないで良い点やイチゴ味というのが子供も使いやすくてよいと思いました。

 

 

虫歯子供予防のブリアンの買い方とキャンペーン

 

ブリアンは今のところ、ドラッグストアなどで販売しておらず通信販売限定の商品になっています。

 

価格は、通常価格7800円とかなり高いのですが、初回は49%オフの3919円となかなかの割引を実施中です。

 

定期コースならその後も割引があります。

 

実際に使ってみて子供に合うかどうかが心配だったりするのですが、60日間の返金保証がついているので、万一「これなんか違うよね・・・」という場合も、返金できるので安心です。

 

 

価格的には、若干高めの歯磨き粉という感じはするのですが、虫歯になって歯医者に通院する時間や治療費、歯を一生使うことを考えると悪くない投資なのかなと思います。

 

ある程度成長してくれば、自分で歯磨きをしっかりできるようになると思うので、期間を限定して使うのもアリだと思います。

 

その他の詳しいメカニズムや、実際に使っている子供の声などは公式ページにあるので一度見てみるとよいと思いますよ。

 

詳しくはこちらから↓

 

 

虫歯子供予防体験談。1歳時健診にて赤ちゃんの虫歯に要注意。

市の1歳児健診で、前歯が虫歯になっていると引っかかってしまった息子。お菓子なんかもちろん食べさせていないし、毎食きちんと歯磨きしているのに、どうして?!と納得いかない気持ちでいっぱいのまま歯医者に治療に行きました。歯を見て一番に言われたことは、「これは哺乳瓶虫歯だねー」…。確かに、寝かしつけの前にいつも哺乳瓶でミルクを飲ませていました。安心するみたいだし、お腹いっぱいだとよく眠ってくれるので。その後で歯磨きなんて確かにしないです。でも、確かにこれは食べてそのまま歯磨きせず寝てしまうのと同じだなぁ…と思って、その日から、寝る前のミルクをやめました。

 

そして半年後に、同じ歯医者から検診のお知らせが来たので、自信を持って行きました。すると、また虫歯が!「お菓子食べさせてない?」と疑われ、「間食は、パンとかおにぎりとか。お菓子はまだあげてないです!」と言うと、「和食よく食べてる?…じゃあ煮物での虫歯だね。」と言われました。煮物に使うお砂糖で、虫歯になってしまうらしいのです。体に良いと思って和食をよく作っていたのに、まさかそれが原因で虫歯になってしまうなんて。和食を作らないという訳にもいかないので、煮物をした日は念入りに歯磨きをすることにしました。赤ちゃんの歯って、本当によく気をつけてあげないといけないんだなぁと痛感しました。

 

虫歯子供予防体験談3

子どもの虫歯はお母さんにとって悩みの種です。私も小さな子供にチョコレートを禁止したり、うるさく歯磨きを強要したりしました。子供の虫歯はイコール親の怠慢だと認識されやすいですし、親自身も責任を感じてしまうものです。私の子供が5歳の頃、幼稚園の歯科検診で初めて虫歯が発見されたとき、とてもショックだったことを覚えています。何がいけなかったのでしょうか。乳歯から大人の歯に生え変わってからは、絶対に虫歯にはさせないとの強い思いで必死に調べて実行してきたことを今からお知らせします。まず大事なのは歯医者さんで定期的にフッ素を塗ってもらうことです。そして生活の中で改善したことは、母と子でよくありがちな同じ箸やスプーンを使わないこと。虫歯菌や歯周病菌を箸やスプーンを介して子供にうつさないためです。次に食後にヨーグルトや苺を食べることです。ヨーグルトの乳酸菌は虫歯や歯周病菌をやっつけてくれるし、苺にはキシリトールが含まれているのでこれまた虫歯を予防してくれます。また、寝る前の歯磨き後に家庭でできるフッ素を欠かさないこと。これで我が家の高校生になる子供は、永久歯になってから虫歯になったことが一度もありません。歯の色も白く、検診の歯医者さんにもいつも褒めていただいていますよ。